不眠症を改善する方法~眠れナイナイ尚ルール~

病院

危険な病気の1つ

不眠症の対策は様々な方法があります。生活リズムを見直したり、アロマを利用したり、サプリをとったりなどの方法があります。

長期的に医者にかかる場合。

医者

不眠症はなかなか厄介な病気である。 内科、心療内科、精神科などで睡眠薬は簡単に処方される世の中になった。 しかし、毎週や隔週での通院や医療費など負担が大きい。 そこで自立支援と言ってある一定の薬の代金の限度額を決めてもらい、 それを超えるものは払わなくても良いという制度がある。 なので、自分の不眠症が長引くとおもった場合はその制度を利用することも良いだろう。 しかしその制度を利用するには医者の診断書が必要で普通の内科ではなかなか出してもらえない。 なので心療内科や精神科などの専門医で診てもらわないといけない。 そういうところの方が薬の処方の種類も多いため、普通の内科よりも薬の効きが悪いときにいろいろと試してもらえる。

不眠症と向き合って生きる。

普通の内科でも睡眠薬は処方してもらえる。 しかし、心療内科や精神科で処方してもらう方がおすすめだ。 最初は心療内科や精神科は敷居が高いかもしれない。 でも内科より薬の種類も豊富である。 それに不眠症に対する理解も内科より高く、 薬が効かない場合には薬を変えてもらえたりする。 不眠症と言っても人によって合う薬も違う。 それに専門医の場合は不眠時と言って、睡眠薬を飲んでもやっぱり寝れないというときに追加で飲む薬を処方してもらえることが多い。 普通の内科でここまで処方してくれるところは少ないだろう。 だから不眠症だと自分のことを思うのなら、やはり心療内科や精神科に受診してみるべきだ。 今、不眠症は治らないにしろ薬で改善し向き合って生きていくことができる病気になってきている。

ストレスからの不眠

医者

不眠症は人々の生活に悪影響を与えます。一度きりの人生ですので不安を感じたら友人や同僚、上司などに相談したり病院を受診してカウンセリング等を受けてみるなど早急な対策が必要だと思います。

Read More

睡眠を妨げる

医者

睡眠障害といっても不眠症や過眠症など種類があるが社会で認知されることが少なく、過眠症などは怠けなどと思われることも多いため正しい知識が広まることが睡眠障害の患者にとって生きやすい世の中となる。

Read More

循環器科の機能

医者

循環器科とは医療機関における診療科の1つで、血液やリンパ液が循環している体内器官の診療を行います。中でもメインとなるのは心臓疾患や血管に関する傷病で、内科・外科治療のほか発症リスクを抑える生活指導なども担当します。

Read More