日本投資顧問業協会とは

日本投資顧問業協会とは

株式会社PLUSSO(プラッソ)が加盟している、日本投資顧問業協会は一般社団法人であり、金融商品取引法第78条にもとづいて内閣総理大臣から認定された、認定金融商品取引業協会。設立は昭和62年10月となっています。

同協会は、会員が行う投資運用業の公正・円滑な運営の確保につとめ、投資者保護の観点から、投資助言・代理業の健全な発展に資するという目的を達成するため、自主規制ルールの制定・改廃等の業務や、当局との折衝等種々の活動を行っています。同協会の会員数は、平成29年3月末時点での集計では、751社(投資運用会員273社、投資助言・代理会員478社)となっているようです。

協会が行う事業

協会の事業は、上述した通り、投資者保護の観点から、会員の業務の公正性、適正性を確保することであり、自主規制ルールをはじめとする協会規程の制定や改廃、会員の行う業務の多様性に対応したコンプライアンス研修の実施、自主規制ルールの遵守状況等調査票によるフォローアップの実施、臨店により会員監査、会員対する個別指導・処分、苦情相談等を行っています。

投資助言・代理業の健全な発展・拡充に関する取組としては、金商法等に関わる金融庁やその他関係機関への意見提出や均衡等、「日本版スチュワードシップ・コード」に係る各種の取組み、コーポレートガバナンス向上をはかる研究会の開催、情報発信等の取組、投資教育の一環として大学における寄附講座の開設、広告等の刊行やHP等を通じた広報活動、会員の特性に対応した各種業務研修の実施、統計資料の公表・作成、内外関係諸団体との連携・情報交換等を行っています。

同協会の会員になることで、総会その他の会合に出席して意見を述べることができるようになります。金融ADR制度において、すべての金融商品取引業者等が講じる必要のある苦情処理措置、紛争解決措置について、協会が行う苦情の解決及びあっせんにより、 苦情処理措置、紛争解決措置の手助けをしてもらえます。

プラッソの日本投資顧問業協会会員番号

 

一般社団法人 日本投資顧問業協会会員番号
第012-02571号

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です