プラッソの投資助言サービスの特徴

プラッソは『VIP投資顧問』という投資助言業務をおこなっていますが、その特徴をいくつか挙げてみたいとおもいます。

投資助言業務とは、個人投資家に投資に関わる助言を行うサービスですが、助言を受ける顧客は、その助言をもと自己責任において投資判断をする必要があります。投資の代理一任契約とは違うため、最終的な判断は自らする必要があるというのが投資助言業サービスの特徴の1つとなります。

投資の助言を受けるとなると、少々敷居が高いような印象を受けるかもしれませんが、plussoは無料のサービスも用意しています。つまりは、無料で投資助言のサービスがどんなものなのか?ということを気軽に試してみることが可能です。銘柄の推奨や銘柄の相談等、株取引に役立つサポートを受けることができます。

有料サービスは【助言契約】

無料サービスが充実していますが、有料サービスも存在します。スポットプランや期間プランと、様々な有料プランが用意されており価格設定も様々です。プラッソの投資助言サービスにおける有料サービスとは、いわゆる「助言契約」になります銘柄の推奨等が行われるため、単なる情報提供と勘違いされることがありますが、情報を販売しているのではなく、あくまで助言契約という形になります。サービスの内容は契約内容によりけりとなりますが、有料=助言契約と認識しておけば良いでしょう。

また、PLUSSOの投資助言サービスの最大の特徴を挙げるとすれば、顧客の投資スキルアップを視野に入れている点ではないでしょうか。ただ情報を提供して助言をしているだけでは、顧客の投資スキル向上を図るのは難しいでしょう。そのため、個別の銘柄相談においては非常に親身な対応が得られることを期待して良いのではないでしょうか。

PLUSSOの大きな特徴

上述した点をまとめると、プラッソの大きな特徴は、『無料サービスを充実させていること』『単なる情報提供に留まらず、顧客の投資スキル向上も視野に入れていること』などが挙げられると思います。安直に「急騰する銘柄情報だけが欲しい」という考えで投資助言サービスの利用をするのであれば、他にも多くの投資助言サービスが存在するので、プラッソの助言サービスでなくても良いかもしれません。

本気で利益追求している個人投資家にこそ利用して欲しいのが、プラッソの投資助言サービスなのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です